ハスワーク®ってなに?

◎「ハスワーク」とは、「ハス」をつくる作業、または作業の場・集まりの事をいいます。 「ハス」とは※1専用の蓮紙(写真参照)を使ったすべての作品の呼称です。

 ※1:蓮紙(約40枚の薄紙が束なっている=蓮紙1個)

紙コップの土台に、「蓮紙(はすかみ)製の花びら」を複数枚、貼ることによってできるハスの花の作品が一般的ですが、この枠におさまらない作品(形状の全く異なる作品、紙コップを使用しない作品等)もすべて該当します。

———————————————————————————————–
◎ハスワークは、ひとりでハスを咲かすことが出来ます。
 蓮紙をお求めいただき、糊などの材料を用意し、レシピ(蓮紙と同封してお送りしております/ユーチューブで作り方がご覧になれます/ホームページにも作り方が掲載してございます)をご覧になりながら、1~2時間で1輪、咲かせることが出来ます。この際は、もちろん「ハスワーク使用許可申請」のご提出は必要ございません。

◎ハスワークは、お寺の集まり、子供会、ご友人やご親族と一緒に複数人で開くことが出来ます。その際にも、上記のように蓮紙と糊などがあれば、どなたでも簡単にハスを咲かせることが出来ます。

 ご供養や親睦会に重宝いただいています。この際、主催者さまが有料で会を開く場合、また「ハスワーク」という名称をご使用になりたい場合は、会の基本的なルールを定めておりますので、ホームページ内の「主催者さまへ」をご一読の上、同意される場合は、「ハスワーク使用許可申請」のご提出をお願いしております。全国で、多様な方によってハスワークが開かれていますので、参加される方に被害が出ないよう、また主催者も責任を持って個人情報の扱いに気を配っていただくための措置です。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 セラピーやカウンセリングを目的に、ハスワークは、有料で開くこと(主催)も可能です。その際には、社会的なルールと、ハスワーク使用許可申請を行ってください。申請にある内容に同意できない場合は、ハスワーク以外の名称をお使いくださいますよう、よろしくお願いいたします。そのために「ハスワーク」を商標登録にいたしました。ルールを守って、全国のハスワークが安全安心の環境の中で育まれていくことを望みます。
 
———————————————————————————————–
◎ハスワークは、目的によって、下記のように分類できると思います。

①クラフトワーク(ものづくりとしての、ハス作り)
②リハビリ(手の運動能力を向上させる為などの手段)
③自身の内側と繋がるためのツール(瞑想)
④セラピー&癒し(グリーフケアや追悼、祈り)
⑤セッションのツール(カラーセッションなど)
⑥親睦のためのツール(子供会、地域の集いなど)

ハスワークに参加される方は、その会の主催者と主旨や目的をよくご確認の上、
ご自身が希望する内容のハスワークにご参加されますようお願いいたします。

また、主催される方は、ご自身のハスワークの目的を明確にされ、
責任ある開催をお願いいたします。

ハスワーク®という名称を使う有料の会を主催される場合は、
ハスワーク®使用許可申請の提出が必要となります。